Copyright © 2010 brick inc. All Rights Reserved.

車・機械・素材がだいすき!

​ということにしている、

デザイン会社のBRICKです。

東京都新宿区のブリックは元クラシックカーの板金塗装工が始めた広告デザイン会社です。へこんだボディをとんかちで叩いたり色塗ったりするあのお仕事でございます。学生のころは美術の先生なんてどうかな?と思ったこともありました。美術系の学校で教育実習までやって卒業したものの、結局、教師にも広告デザイン業界にも進みませんでした。今思い返してみるとアホの極みなのですが、アメリカングラフィティーと車いじりが好きすぎて欲望のままに車業界に飛び込んでしまっただけでございました。親方に怒鳴られながら板金塗装をはじめエアロパーツの製作やショーカー用の広告物を作ったり、クタクタなのに帰る前には自分の道具を新品に戻すような勢いで手入れをするようなストイックな毎日でございました。次第に腕を上げ、仕上げた車を喜んでくれている様子を影から見るたびに「誰かの役に立つというのは気持ち良いものだな」と、利己から利他へパチンとスイッチさせてくれた貴重な場でございました。親方の怒鳴りポイントや工具の手入れの有り難さがなんとなく腑に落ちた感じがしました。車業界をはなれた後は大学で玩具の研究をしていたこともあって、おもちゃ屋さんに勤めることになりました。車屋でも、おもちゃ屋でも「宣伝する」という部分は気になっていました。僕が赤ん坊のころからドラフトという広告制作会社を父ちゃんがやっているということもあり、少なからず影響を受けていたからかもしれません。「そういうの得意なんでしょう?ウチのもやってよ。」といったことは勤務先でよく頼まれていましたので、父ちゃんが作るものの雰囲気を見よう見まねで作っていました。そうこうしているうちに、広告作りのまねごとをしてきた時間を合わせてみると20数年になりました。今もなおデザインの知識は独学の積み重ねです。父ちゃんは僕が車業界で生きて行くものだとすっかり思い込んでいました。今では「いつどこで学んだのか知らないが、デザインから強い意志を感じる。」と言ってくれるようになりました。ブリックは自動車・機械いじり・おもちゃ・プラモデル(模型)・工具・素材・塗装・組み立てること等が大好きなデザイン制作会社ということを特徴にしていますが、おもちゃ屋での接客・通販・サポートをしていた経験の方がかなり役に立っている感じがしています。美しく新しい表現を追い求め、日々芸術性を鍛えているデザイナーには到底かないませんので、その土俵では僕には何の価値も無いとわきまえています。商売に溶け込みながら広告作りをしてきた僕なりの経験は、デザイナーの歩み方としては変わっていると思います。それでも誰かのお役に立てるかもしれないと信じて今日も運営させていただいております。カタログやチラシなどの平面デザイン(グラフィックデザイン)、ホームページ(ウェブサイトとも言います)の制作、立体的な工作、一生懸命描いても変な雰囲気になってしまいますがイラスト作成なども承っております。日本にはたくさんの優秀なデザイン会社がありますが、ブリックというデザイン会社もとりあえずあるんだなと記憶の片隅に留めていただけたら幸いです。ブリックのホームページを開いていきなり長文を叩きつけられたにもかかわらず、ここまで読んでいただきましたことを深く感謝申し上げます。

 

業務のご案内

グラフィックデザイン

カタログ・チラシ・ポスターなどの平面デザインを承ります。

ウェブデザイン

ウェブサイト(​ホームページ)制作を承ります。

​プロダクトデザイン

商品企画や簡単な工作などのご相談を承ります。

イラストレーション

変な雰囲気のイラストを描いています。

制作実績一部抜粋

 

※画像をスライドさせると他実績を見れます。

グラフィックデザイン

ウェブデザイン

プロダクトデザイン(たかが工作レベルでその言葉を使うんじゃない!と、本職の方に言われそうですね。)

変な雰囲気のイラストレーション

1.BRICKとは何ですか(また長文です)

数あるデザイン会社からBRICKのホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。デザイナーの宮田大史と申します。僕は元自動車塗装工ですが、人生いろいろなことがあるもので、今は父と同じデザインを生業としております。

 

父は僕に言うのです。「ある夜、こっそり覗くと、2歳のおまえは読めもしないビッグワンガムの説明書を眺めているんだよ。結局翌日にはそのプラモを作ってしまうんだ。」と。そのようなことは覚えていないのですが、それが本当ならちょっと嬉しいです。以来、小学校時代はタミヤ、アオシマ、イマイ、アリイ、フジミ、(たまにピットロードの戦艦ガレキ)を作り続け、接着剤とシンナーの吸いすぎで重度のぜん息&肺炎2回を経験をしてもやめられないのでした。小学生時代晩年期には、プラモと並行してタミヤと京商のラジコンに取り憑かれました。宿河原のイチムラ模型やピットロード、タミヤなどで開催されるラジコンレースに参加しては、サスセッティングやオイルの硬さ、シャシー肉抜きによる軽量化と低重心化のことばかりが頭の中を満たしているのでした。

 

中学時代は体罰をはるかに超える厳しさ美しさ(パンチとキックの代わりに竹刀またはパイプ椅子)で有名なバレーボール部に所属しながら、わずかな時間を設けてはプラモとラジコンに自分らしさを求めていました。アメリカのメーカーRevelに出逢ったのもその頃であります。

スマホの方は左右にスライドさせてもページ移動ができます。下の●ポチをおすことでも次ページに移動できるのです。8ページもありますので、本当に何もすることが無い時にだけ読んでみてください。

​1/8

 
 

お問い合わせ

inc.

​株式会社BRICK

〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン313(GoogleMap)

Tel:03-6450-5118

Fax:03-6450-5119

Mail:info@brick-inc.net

営業時間:10:0018:00

お休み:土日祝、年末年始

資本金:1000万円

代表:宮田 大史

顧問:宮田 識(DRAFT